プラセンタの主な種類って?

いろいろあるプラセンタの種類

プラセンタといってもいろいろな種類がありますがおおまかには動物性プラセンタ植物プラセンタにわかれます。動物プラセンタは人、豚、馬、牛、羊などがあるようですね。

プラセンタは美容に効果があり、化粧品などのイメージがありますが、人プラセンタは医薬品として許可されているものだけに使われます。化粧品などに使われることはありません。

豚プラセンタは最近動物プラセンタの中で一番良く使われているものです。SPF豚のプラセンタであれば厳しい基準を通過しているものなので安全性が高いですね。アミノ酸が豊富で他のプラセンタよりも栄養が高いと言われているのが馬プラセンタ。希少なものなので主流とまではなっていませんが、馬は病気になりにくいのでその点でも優れているようです。

植物プラセンタは動物のように胎盤があるわけではありませんが、胎座と言われるところから抽出したエキスのことで、具体的にどんな植物から摂れるのかというと大豆、ライ麦、トウモロコシなどが多いようです。

動物プラセンタのように成長因子があるわけではないので動物プラセンタと同じ効果を期待することはできません。ですがアミノ酸やビタミンなど美容に必要な成分が豊富に含まれているので美容効果を期待することができます。動物の病原体汚染などの心配をしなくていいので人気がありますね。

成長因子が含まれていないので女性特有の悩みなどの改善は期待できないと言われたりしていますが、大豆由来のプラセンタだとイソフラボンが含まれています。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするそうなので女性特有の症状が改善されたという方もいるようですよ。

植物性プラセンタで評判がいいサプリです:

昔から有名なのが「穂のしずく」です。

穂のしずくは100%植物プラセンタでオーガニックライ麦から作られています。

健康食品なので好きな時間に飲めますので、手軽に続けていくことができます。

>「穂のしずく」のホームページはこちら